ふうりんとフラスク

2014.02.26 Wednesday

0


    敦賀在住のガラス作家、森谷和輝さんに
    「何か吊るすもの」とお願いしたら
    とても素敵なベルを作ってきてくださいました
    特に透明度の高い素材を選ばれたそうですが
    線と形も美しく、意匠も洗練されたクリアーなウィンドベル
    ころんと丸い形とガラスの性質とのバランスが素敵です
    (風鈴にする場合はお気に入りの栞などを結びつけると良さそうです)
    音も少しずつ違うのでじっくり選んでください

    とても楽しいちっちゃなちっちゃなフラスコのシリーズも
    いっしょに入ってます
    アンティークのものがもつ優雅な趣に遊び心もあって
    道端の小さな花やはっぱをぽんと挿してもいいし
    水だけ入れた瓶だけ眺めてるのも楽しそうです
    これまた形や大きさが少しずつ違うのでゆっくり選んでください

    二階に並んでます
    今日は春風が吹き抜けそう!






     

    色とりどり

    2014.02.21 Friday

    0


      花屋さんで買った桃のつぼみが開いて
      いよいよ春らしくなったなあと思っていたところ
      ちょっと寂しくなっていた二階の本のコーナーも
      ひといきに春になったみたいににぎやかになりました
      今回はちょっと欲張って
      長新太さんの絵本のいろいろの他にも
      子供の頃から大好きな本
      子供が生まれてから知ったすばらしい本
      子供といっしょに読んで
      子供も大人も楽しめて
      おまけに飾っておいてもすてきかな?という絵本を
      少しずつ揃えています

      スイスの木のおもちゃや
      ドイツ製のみつろうクレヨンも入荷してます
      まだまだ浜風は冷たい二月ですが
      庭の梅もほころびはじめました
      お散歩がてらお立ち寄りください






       

      りんごの!

      2014.02.14 Friday

      0


        うふふ、くいしんぼうさんなら
        見ただけで何かおわかりかと思いますが
        皮ごと食べられるほぼ無農薬のりんごを箱買いしたので
        りんごと旬の冬野菜で仕込んでみました…水キムチ
        今日あたりが食べ頃のはずです
        もちろん汁ごとお出しします
        飲んべえお客さまの腸内環境が改善されて
        春風邪ひかないお体となりますよう!の気持ちです

        みずいろブログでもお知らせしてますが
        明後日にちようびは再び晴明の朝市ということで
        朝八時半オープンです
        朝酒に朝エスプレッソ、朝チャイ、朝雑貨?
        ご来店お待ちしてます

        「もうこれ以外使う気がしない」と
        リピーターの方からのうれしいお声がちらほらのまにまっく石鹸ですが
        しばらく在庫を切らしていた大きいローズ、大きいオレンジなど再入荷してます

         

        mushrooms!!

        2014.02.09 Sunday

        0

          個人的に大好きなキノコ
          眺めたり食したり
          ほんものも大好きですが柄や意匠にも目がない…
          そんな私ですが思わず「むうー」となってしまった
          ポストカードブックが入荷してます
          24枚、どれもこれもうつくしく愛らしく妖しいキノコですが
          「こんなのもったいなくて使えない!」(男店主談)のが
          悩みの種となりそうな悩ましい一冊です
          紙質、宛名面など細部にこだわりが感じられます
          これで1380円は安い!
          (追 間違って1680円とアップしてましたので訂正します
           正しくは 1380円税別です。失礼しました!)


          同じシリーズの動物ヴァージョンも入荷してます
          たまらなく可愛いですよー

          そして2階には絵本も少し…
          絵本を取り扱うなら一番最初は長新太さんから!と
          思って何冊か並べてみましたが
          思いのほか反応が早く
          これまで長新太をよく知らなかったというお父さん、お母さんたちのもとへも
          一冊ずつぱたぱたと旅立っていくのが
          いちファンとして何よりうれしいです
          北の国のいきものたちを主題とした手島圭三郎さんの大型絵本も3冊入荷してます
          雪が残っているうちに是非手にとっていただきたいです

          絵本のことはまた改めて書きたいのですが
          とにもかくにも長新太さん!と思ってたところに
          sinta vol.1「わたしたちの音楽」も届いてます
          いっしょに並べておこうかなー





           

          柳のかご

          2014.02.08 Saturday

          0

            ルーマニアの柳シリーズ
            これは手編みのバスケットです
            大小あって、小さいほう、持ち手が枝でできていてとてもかわいいです
            柳の薄い板を細い枝で編んであって
            ユニークかつ造形的にうつくしい…
            かごには目がなくてあちこちで見てますがうーんと感心しました
            80才くらいのおばあちゃんが編んでいるそうです
            いろいろ想像がふくらみます
            大きいほうは四角い形です

            中に入っているのはおなじみカディ
            カディが手紡ぎ、手織り布だということは知っていましたが
            先日、fabric of freedomと呼ばれるその由来をはじめて知って
            仰天しました(これまでの勉強不足を猛反省しております)
            インド独立の父、マハトマ・ガンジーが
            イギリスの機械織り産業に抵抗するため
            「自分たちが纏う服は自分たちで紡ごう」と提唱して
            インド全土に広まっていたのが始まりだったとか…
            チャルカ(糸車)が抵抗運動の象徴だったことも初めて知りました
            これまた「うーん」と考えさせられることが多いのですが
            旧店舗のpinon-pinonのオープン以来
            ずっとカディを扱っていることに誇りを感じます

            手紡ぎならではの風合い、空気をたくさん含んでいるので、
            あたたかく、涼しい布です
            洗濯を繰り返してくたくたになってくとまたいいんですよね…
            ふうわり春風が待ち遠しいです